C・S赤れんが
本文へジャンプ

 




TOPページに戻る

岩淵 恵美子 いわぶちえみこ

(チェンバロ、フォルテピアノ)



上野学園大学音楽学部器楽学科チェンバロ専攻卒業。チェンバロを山田貢、通奏低音法を廣野嗣雄、アンサンブルを故大橋敏成の各氏に師事。ベルギーのモンス王立音楽院に留学。チェンバロをロベール・コーネン、アンサンブルをヴィーラント・クイケンに師事。プルミエ・プリを得て卒業。第5回古楽コンクール、チェンバロ部門最高位入賞。ソリスト、通奏低音奏者として各地での演奏会をはじめ、放送、録音など活発に演奏活動を展開しているとともに、様々なジャンルの音楽で活躍している。1993年より1999年まで国立音楽大学音楽研究所に所属し、イタリア初期バロックの研究に勤めた。1997年より各地でチェンバロとフォルテピアノでのリサイタルツアーを展開し好評を博す。沖縄県立芸術大学非常勤講師。





佐藤 裕一 さとうゆういち (鍵盤楽器製作)

1957年、神奈川生まれ。ICU卒業。27歳の時に故堀榮蔵氏に弟子入りして6年後独立。2012年より神奈川県相模原市に転居。チェンバロ、フォルテピアノの製作および修復を手がける。

日時:2012年 12月24日(月・祝) 14:00開演(開場は30分前
会場:C・S赤れんがホールII
入場:小学生以上2500円(当日500円高・残席がある場合のみ)(未就学児入場不可)
    全席自由 エニー会員は500円引き

プレイガイド:山口情報芸術センター、山口市民会館、アスピラート、こどもステーション山口事務局
        C・S赤れんが、カワイ山口ショップ、文榮堂大学前店、サンパークあじす

〇託児サービス有 一人300円(12月16日までに要申込)

主催:NPO法人こどもステーション山口、山口市
共催:(公財)山口市文化振興財団
C・S赤れんが開館20周年記念事業
赤れんがチェンバロ連続コンサートVol23

岩淵恵美子(チェンバリスト) x 佐藤裕一(チェンバロ製作者)
チェンバロコンサート&トーク

「ファンタジーを越えて」 
*赤れんがのチェンバロ
山口市は、平成7年にこのチェンバロを制作し、山口をシンボライズするために、大内氏の家紋「大内菱」とフランシスコ・ザビエルの紋章を施しています。爪はコンドルの羽軸を使っており、優雅で華やかなその音色は聴く人を魅了しています。C.S赤れんがでは、このチェンバロを多くの方に知ってもらうために、毎年チェンバロコンサートを開催しています。
18世紀フレンチモデル 2段鍵盤 音域5オクターブ236センチ 
幅94センチ 高さ 98センチ楽器製

作者 佐藤裕一(神奈川県)   
装飾 高倉由美子(宮城県)






  【プログラム】

F. J. ハイドン ディヴェルティメント ホ短調 Hob.i771 <1765>

J-Phi.ラモー   新クラヴサン曲集より エンハーモニック、ソヴァージュ <1728>

G. ル・ルー   クラブサン曲集 組曲ヘ長調 <1705>

J.ブル        ファンタジー ニ短調

J. S. バッハ   無伴奏ヴァイオリンパルティータ No.2 BWV1004よりシャコンヌ ニ短調 <1720>

※演奏曲目及び曲順は変更になることがあります。