4月4、5日の2日間の展示では300人近くのご来場がありました。たくさんのご来場ありがとうございました!
5日に行われたワークショップは大人から子供まで、幅広くの年齢層での参加があり、それそれ個性あふれる作品に仕上がりました。
hUbのお二人の作品は今後残りの中国4県と東京、そしてNYで披露されるそうです。
ぜひまた山口でのイベントを期待します!ありがとうございました。

C・S赤れんが
本文へジャンプ

TOPページに戻る

桜めぐり&お茶めぐり(チームOIDEMASE)企画     

happy unbirthday workshop and exhibition in YAMAGUCHI

    
昨年秋に山口市中心商店街や一の坂川辺りを新聞紙ドレスで
   パフォーマンスしたハブがやってくる!

  
不思議な帽子の 
ワークショップ
新聞紙という素材を使った作品のレクチャーから 思い思いの帽子を作って楽しみましょう!

        日時201545()
    @ 10時〜12時  A 1330分〜1530   ※各回15(先着順)

    参加費 : 一人800(お茶とお菓子付き) 持参するもの : 新聞紙(約1日分)・ハサミ

会場 : クリエイティブ・スペース赤れんが ホールII

 

 
E
xhibition 展覧会 〜hUb×WW 紙の えいぞう さくひん展〜

ハブの新聞紙ドレスなどの展示や、紙の彫刻作家ウィリアム・ワング(米国在住)との
共同プロジェクトの上映があります。

会期201544()5()

9時〜17 (最終日は16時まで)

5日の11:3012:0015:0015:30の間は上記WSに使用の為一時

会場 : クリエイティブ・スペース赤れんが ホールI
入場 : 無料

appy unbirthday(hUb)

ハッピー・アンバースディ(通称 : ハブ)

「日常を祝う」をコンセプトに、制作した新聞紙のドレスで街中を練り歩くパフォーマンス活動を行っている女性2人組のユニット。昨年は中国5県を廻り、ニュースや新聞にも取り上げられ、その活動が注目されている。

 

                

 

                                                                

                    

申し込み・問い合せ :クリエイティブ・スペース赤れんが  (9時〜17) ※月曜休館 
山口市中河原町5-12 
Tel083-928-6666 FAX083-928-6611

mailrenga-yac-able.ne.jp

主催: 認定NPO法人こどもステーション山口(CS赤れんが指定管理者)  後援: 山口市

*チームOIDEMASE 大内文化特定地域内にある施設の指定管理者(4団体)が、地域内の魅力と回遊性をさらに高め、地域内の交流人口を増やしていこうとの想いで、同時期にイベントなどを開催しています。