馬場良治展  とき  墨を使った表現方法による屏風形式の作品15点を展示予定
※この催しは終了しました。

日本の自然、四季のうつりかわり=「一瞬とき」をみていただきたい。
また、日本に古くからある「墨」をたいせつにしながら、
墨独特の味わいを生かした表現を楽しんでいただけたらと思っております。

2015年3月11日(水)〜22日(日)9時〜17時※16日(月)は休館
- 入場無料 -
○3月15日(日)13時より、馬場良治氏によるギャラリートークを行います

クリエイティブ・スペース赤れんが/ホールI&II
主催:認定NPO法人こどもステーション山口・山口市


■たくさんのご来場ありがとうございました!11日間の入場者数はなんと4700人を超えました。
過去のどの催し物よりも多かったです。特にギャラリートークの日は赤れんがのホールに入りきらないほどの人数でした。
馬場さんが上に走って下に走って、大忙し・・・本当にお疲れさまでした。
今回は、市外県外の方も多くご来場され、赤れんがに初めて来たよというかたも多かったです。
当館を広く知ってもらえるいい機会になってよかったです。
今後とも展示にコンサートに、様々なイベントを企画してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。








馬場良治 PROFILE
1949年 山口県宇部市に生まれる
1980年 東京藝術大学美術部日本画家卒業
1983年 東京藝術大学大学院保存修復技術専攻修了
1984年 日本美術院初入選 '93年まで出品


1985年から文化庁の依頼を受け、現在までに50件を上回る国宝や重要文化財の彩色調査と復元に取り組んでいる。
その分野では国内において名実ともに第一人者である。
日本画の個展はおもに宇部市での開催など、これまでに10回。2014年に国、選定保存技術保持者に認定。

おもな仕事/
国宝・醍醐寺五重塔(京都市) 彩色調査と復元
国宝・大崎八幡宮(仙台市) 彩色調査と復元
重文・三千院往生極楽院(京都市) 彩色調査と復元
国宝・平等院鳳凰堂(宇治市) 彩色調査と復元
重文・周防国分寺内陣壁画(防府市) 復元 など多数

現在/
文化財建造物主任技術者講習講師(文化庁)
名古屋工業大学、山口大学教育学部非常勤講師等を歴任
個展を中心に日本画を発表
日本美術院院友。師:平山郁夫、山崎昭二郎
日本イコモス(国際記念物遺跡会議)会員
宇部市在住

C・S赤れんが
本文へジャンプ

TOPページへ戻る