坂井里衣 ソプラノ
歌声のたえない家庭に生まれ、幼いころから歌手を志す。テレビの歌番組を見ては、なりきって歌う少女時代。その頃のあだ名は、なぜか・・・「オペラ坂井」。
1997年エリザベト音楽大学入学、うら若き乙女たちの集う女子寮では「鼻歌の女王」として名を馳せる。2000年飛び級にて同大学大学院修士課程に入学→イタリアへ留学→2003年博士後期課程に入学。これまでに、故長峰佐和、成末朋子、カルメン・サントーロ、頃安利秀、松永光紗の各氏に師事。
 第28回飯塚新人音楽コンクール声楽部門第3位。第8回藤沢オペラコンクール入選。第6回長久手国際オペラコンクール第2位。
 第28回鳴門第九演奏会前夜祭等に出演し、第140回日演連新人演奏会においては広島交響楽団と共演。2008年早稲田大学対シカゴ大学 大学野球交流戦開会式において「ハンカチ王子」の前で国歌独唱(旧広島市民球場)。第24・25回広島市民オペラ『椿姫』(ヴィオレッタ役)では,繊細な歌唱表現で好評を博す。
現在、音楽活動を精力的に展開中(♪ブログ♪http://ameblo.jp/riecanta/) 。


木田景子 マリンバ・打楽器
広島県出身、大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業。ドイツ・カールスルーエ音楽大学大学院卒業後、同大学院研究科を修了。
第21回関西打楽器新人演奏会に出演、こおろぎ賞受賞。また、関西より選出され、東京での打楽器新人演奏会にも出演。大阪・広島にてソロリサイタルを行う。
これまでに、小谷康夫、小澤佳子、池上英樹、中村功、Thomas Hoefs、Jochen Brennerの各氏に師事。
打楽器アンサンブルグループ、アンサンブル「Kreis」のメンバー。



桑原奈緒子 ピアノ
九州大学卒業。 ピアノを寺谷雅夫、原田英代各氏に師事。チェンバロ、通奏低音を岩淵恵美子氏に フルートを、石飛祥一氏に師事。 山口県交響楽団団員 ジュール・ド・フルート山口(フルートアンサンブル)メンバー 全日本アンサンブルコンクール全国大会に、山口県代表として3度出場 金賞を受賞
1989年教育長褒賞、1990年県知事メダル栄光賞受賞 音楽講師の活動グループ 山口ムジカコンパル(YMC)メンバー 。
現在、後進を指導しながら、県内を中心に音楽教室、チャリティーコンサートなどの企画、演奏など精力的に活動している。
桜めぐり・お茶めぐり・音めぐり
4月3日(日)10:00〜16:00
C・S赤れんが ロビー 
今年は桜ティーと小郡のフィオーレというお店のお菓子を(特別に作っていただきました)、お付けしてお接待いたしました。
桜は満開とはいきませんでしたが6〜7分咲きで、お花見にいらしてる方も多く、桜と共に桜ティーを楽しんでいただけたのではないかと思います。



 






音めぐり企画
桜めぐりアンサンブルコンサート
4月3日(日)17:00〜18:30
C・S赤れんが ホールII
山口市出身の坂井里衣さんをお招きしてのアンサンブルコンサート。入場者数は120人と満席になりました。ありがとうございました。
マリンバとピアノの見事な調和に、坂井さんの素敵な歌声で、アンケートには「感動した」「涙が出ました」など大絶賛の声を多数いただきました。



 

 




本文へジャンプ
 
 
C・S赤れんが