マイコ・ミュラー Maiko Mueller
桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒。独フライブルク国立音楽大学大学院を最優秀の成績で修了。

チェンバロ、フォルテピアノ等のピリオド楽器から現代のピアノまでを専門とし、欧米や我が国で主にドイツ音楽の解釈において高い評価を得ている。鍵盤楽器奏者として名高い故エーディト・ピヒト=アクセンフェルトの愛弟子であった。

ピアノを主に高橋従子、E. ピヒト=アクセンフェルト、ボリス・ルヴォフ、チェンバロをE. ピヒト=アクセンフェルト、ロバート・ヒル、通奏低音をミヒャエル・ベーリンガー、室内楽を故アンリエット・ピュイグ=ロジェの各氏に師事。ソロ、室内楽、歌曲伴奏等、あらゆる分野で在学中より活発な演奏活動を行っており、中でもユーモラスなトークを交えたソロ・リサイタルは多くのファンの支持を得ている。

これまでにCD、「シューマン クライスレリアーナ」「プレイズ J.S.バッハ Vol.1〜4(」ゴルトベルク変奏曲、他)」(ナミ・レコードCo.,Ltd.)をリリース。レコード芸術特選盤、準推薦盤等、各誌に取り上げられ、高く評価されている。

【公演の様子】

 

  

入場者数は107人でした。当日券含めてチケットはすべて完売!ありがとうございました。
今回で赤れんがは3回目となるマイコ・ミュラーさん。
前半はじっくりと華麗なテクニックを披露しドイツ音楽、後半は楽しいトークを交えながらのフランス・ロココの世界。
とても優雅で素敵な空間となりました。ぜひまた赤れんがでの演奏をお待ちしています!





C・S赤れんが
本文へジャンプ

TOPページへ戻る
マイコ・ミュラー チェンバロリサイタル
【18世紀 J.S.バッハとフランス・ロココ】

このイベントは終了しました。

日時:2014年11月9日(日)14時開演(開場は30分前)
会場:クリエイティブ・スペース赤れんが ホールII
入場:一般2000円、高校生以下1000円、エニー会員1500円(当日500円高・残席がある場合のみ販売)
   ※託児あり(1人300円/11月2日までに要事前申し込み)
プレイガイド:山口情報芸術センター/山口市民会館/アスピラート/文英堂山大前店
        /サンパークあじす/こどもステーション山口/C・S赤れんが
主催:認定NPO法人こどもステーション山口(赤れんが指定管理者)/山口市
共済:(公財)山口市文化振興財団
問い合わせ:C・S赤れんが(083-928-6666)