本文へジャンプ
日時:2011年11月12日(土) 15:30開場 16:00開演

会場:クリエイティブ・スペース赤れんが ホールII



見事な秋晴れの中、北谷直樹チェンバロリサイタルが行われました。
当日券も用意したもの全て完売し、満員御礼!95名のご来場となりました。

今回はいつも赤れんがのチェンバロを調律していただいてる調律師さんの強いご要望もあり、
北谷氏をお招きしたのですが、とっても素敵な演奏を聴くことが出来ました。

天気も良く、すごしやすい秋の季節の夕暮れに、澄みきってまったりとした空間で
一流の音楽家が奏でるチェンバロの音色に酔いしれる。
こんなに贅沢な時間はありませんね!


  


 

<<プロフィール>>

北谷直樹は日本で生まれ、青年時代からヨーロッパの舞台で活躍している。
ニコラウス・アルノンクール、ヨハン・ゾーンライトナー、アンドレアス・シュタイアーに師事。チューリッヒ音楽大学で三年間、通奏低音の教鞭を取り、現在はチューリッヒを拠点としてフリーの演奏家として幅広い活動を行っている。北谷直樹を語るマスメディア全般の批評は、情感のこもった演奏の中に巧妙な技術を駆使し、音色は色彩的表現に富み、高い即興的流麗を醸しだしていると異口同音に絶賛する。ソリスト活動と平行して、世界的名歌手のチェチリア・バルトリを筆頭に、ヒラリー・ハーン、ジュリアーノ・カルミニョ−ラ、アルブレヒト・マイヤー、ステファノ・モンタナーリ、モーリス・シュテガー他と定期的に共演している。音楽監督としても非凡な腕前をもち、アンサンブルを率いてバロック器楽曲とオペラ曲の指揮を取っている。さらに国際的審査員として今後の活躍が期待され、
2006
年ボン、2009年ベルリンで催したドイツ音楽コンクールDeutsche Musikwettbewerbに、ヴィーランド・クイケン(ビオラ・ダ・ガンバ)、ミヒャエル・シュナイダー(リコーダー)、ケティル・ハウグスサンド(チェンバロ))と共に審査に参加している。北谷の音楽に捧げる情熱はバロックだけに留まらず、クラシックからジャズ、ポップ、さらに伝統的な東洋と南米の音楽へと幅広く及んでいる。自ずと作曲を手がけ、ヘルムート・ヴァルヒャとオリヴィエ・メシアンとの交友に強い影響を受けた。北谷の作品は、ラジオ、テレビやアンサンブル、オーケストラの依頼によることが多い。北谷のCDを絶賛する声は、独奏曲「ルイ・クープラン」(「クラシック・オンライン」の評価は10点満点http://www.classicstoday.com)と「ヨハン・セバスチャン・バッハ」(「クラシックー今日」の評価は、音楽の質・音色の質・全体的印象の3項目全てが10点満点http://www.klassik-heute.de)に限らず、ドゥオのパートナーであるモーリス・シュテーガー(リコーダー)と奏する数多いCD録音も注目を集め、何度も激賞を受けている。
<<プログラム>>

<1st stage>
Johann Sebastian Bach
1685 -1750

 ヨハン・セバスティアン・バッハ

 プレリュード、フーガとアレグロ 変ホ調 BWV 998


 

・Louis Couperin1626-1661

 ルイ・クープラン

 組曲 ヘ調
 プレリュード アルマンド グラーヴェ− クーラント サラバンド チャコンナ
ブランロシェ氏のトンボー

 
Azzolino Bernardino della Ciaja1671-1755

 アッツォリーノ・ベルナルディーノ・デラ・チャイア

 ソナタ第5番より(鍵盤の為のソナタ集 作品4 ローマ1727年)

 トッカータ カンツォーネ

 <2nd stage>

・Francois Couperin1668 - 1733)

 フランソワ・クープラン

 クラヴサン第6組曲、変ロ長調 (パリ1717年)

 刈り入れをする人たち

 心地好い恋やつれ

 さえずり
べルサン

 神秘的な障壁

 羊飼いたち

 お喋り
羽虫

 

・William Babell  (1690 -1723)

 ウィリアム・バベル

 ヘンデルの歌劇『リナルド』より (ロンドン 1717年)

 序曲(ヴィヴァーチェ- アレグロ) 

 「私を泣かせて下さい」(アダージョ)

  「私は戦いたい」(アレグロ) 

TOPページに戻る
 赤れんがチェンバロ連続コンサート vol.22

  
北谷直樹チェンバロリサイタル 

   
  旅の空の下で 〜イタリア・フランス・ドイツ・イギリス音楽紀行II〜







 
C・S赤れんが