本文へジャンプ


























TOPページに戻る
12月5日(土)『モミの木点灯式』

今日、(社)山口法人会による、赤れんがのモミの木の飾り付けと点灯式がありました。
少し小雨が降ったりのあいにくのお天気でしたが、幼稚園児の親子連れなど、約80名が参加。にぎやかに飾り付けたあと、イルミネーションに点灯されると歓声があがっていました。

今日から26日まで毎日17時半から22時まで点灯されます。亀山公園、後河原、そして赤れんがとイルミネーションを見ながら夜のお散歩はいかがですか?
商店街や市内のあちこちで「日本のクリスマスは山口から」のイベントが続々と計画されています。

赤れんがでも12月15日にクリスマスカード作りが行われます。


11月18日(水)『秋』

晩秋。雨の日やくもり空の日は、寒々しくさみしい風景です。そして落ち葉、落ち葉の季節でもあります。
掃いても、掃いても積もる落ち葉。
でも、竹箒で掃くのは心が落ち着く一時でもあります。
そんな中、赤れんがの階段の踊り場から見る亀山公園の、紅葉の美しさ!
ほんのつかのまの楽しみですが、毎年この時期「ああ、日本っていいなあ」と感じます。


11月7日(土) 『猫夜噺とかくれんぼしてるのだあれ』

6日、7日と二日つづけてのつげくわえワールド。
6日のおとなのための人形劇「猫夜噺」は116人の入場者でした。おとなのエッセンスたっぷりのちょっぴりこわい「猫夜噺」。おとなの笑いの「きっぷ」。どちらも観客の皆さん充分にお楽しみいただけたようです。
7日は、ちいさい子どものための「かくれんぼしてるのだあれ」。おとなとこども計87人の入場者でした。
子どももおとなもほのぼのとあったかい時間を過ごすことができたのではないでしょうか。
ほんの30分という短い時間でしたが、子どもたちの大好きな「かくれんぼ」のお話、子どもの反応も上々でした。
小さい時から絵本を読んでもらったり、舞台を観るということは、心を豊かにするそうです。来月は、クリスマスカード作りの講座を行います。
お楽しみに!


10月18日(日) 『見学』

先日木曜日に、中村女子高等学校の福祉コース専攻科のみなさんが、赤れんがの見学に来られました。

保存運動に関わられ、赤れんがの設計を担当された今井徹也さんが講師として案内してこられたので、説明役の事務長はちょっと緊張気味。冷や汗をかきながら説明しました。
先日、旧宇部銀行の活用を考える会の意見交換会で、お話しさせてもらっていたのが功を奏してなんとかお話しできました。

若い皆さんに、赤れんがの良さが少しは伝わったでしょうか。



9月22日(火) 『インタビュー』

いよいよ、アートふる山口が近づいてきました。一の坂周辺もボランティアのみなさんのおかげで、すっかりきれいになりました。
今日は当日のラジオ放送の練習とかでインタビューを受けました。
ちょっと緊張したけど・・・残念!これは放送されないそうで・・・。
インタビュアさん、当日までにしっかり練習して下さいね。

あ、あと「クリエイティブ・スペース赤れんが」と舌をかみそうな名前を正確に覚えておいてくださいね。


9月8日(火) 『芝生の散髪』

夏休みも終わり、赤れんがの芝生の上ではとんぼの姿がみられるようになりました。
そういえば、お楽しみの「アートふる山口」まで、あと一か月。実行委員会では急ピッチで準備が進んでいることでしょう。
赤れんがでも、例年のごとく「アートふる」に備えて芝刈りをしました。ところが…、や、やっぱり今年も芝刈り機が思うように動いてくれません!
と、いうことでしばらくはトラ刈りの芝生でごかんべんください。
(ただいま芝刈り機は修理中)

8月20日(木) 『ハリマ風土記「花」』

お盆も過ぎ、赤れんがではまたにぎわいを取り戻しています。
今日から、ホールIでは針間文彦さんの絵画個展「ハリマ風土記「花」」が始まりました。
赤れんがでは、絵画などのグループ展は多いのですが、個展は非常にめずらしいことです。
針間さんの作品のあたたかさと準備に二日間かけたこだわりの会場作りをお楽しみ下さい。
期間は、20日〜26日までです。
またホールIIでもコンサート等が続々と行われる予定です。


8月12日(水) 『展示終了』

今日は、白藤さえ子展の最終日でした。
終了間際となって、駆け込み入場される方、後片付けをしてる時に来られて残念そうに帰る方など…。
期間中、延べ690人の方にご来場ご観覧いただきました。ありがとうございました。

若い白藤さえ子さんの、今後の活躍を私たち職員も大いに期待したいと思います。


8月7日(金) 『白藤さえ子展大盛況』

今日で3日目となる「白藤さえ子展」。みなさんゆっくりと絵の世界を楽しんでいらっしゃいます。

今日はお昼頃、中学生の一団がどやどやと入ってきました。防府市の中学校の美術部の生徒さんと引率の先生、総勢27名。
「スランプに陥ったときはどうするのですか?」などと率直な質問に白藤さんもちょっとたじたじ。
でも「自分より若い人に見てもらえるのはとてもうれしい」とのことです。

明日と明後日は、ギャラリートークもあります。まだご覧になっていない方は、ぜひ一度ご覧になってみて下さい。


8月4日(火) 『白藤さえ子展』

今日は、朝から赤れんがは大忙しでした。
明日から開催の「逆鱗の提示 白藤さえ子展」の準備に、理事や赤れんがスタッフ総動員。
昨日宅急便で送られてきた(宅急便というにはあまりに大きいのですが…)作品と、白藤さんの自宅から軽トラックで運んだ作品約20点。

梱包を解き、作品の位置を確認し、そしてライトを当てると静かに浮かび上がってくる作家の思い。
明日からの展示、どうぞご覧下さい。



7月30日(水) 『夏』

大雨から一転して、今日は気持ちいいくらいの快晴となりました。赤れんがでも写真のような蝉の抜け殻を見つけ、あぁ夏が来たなと実感しております。みなさんは今年の夏はどのようにして過ごす予定なのでしょうか。

来週から赤れんがで開催される、白藤さえ子展も予定の一つとしてお立ち寄りされてはいかがでしょうか。

白藤さん特設ページはこちらから→ 白藤さえ子展特設ページ


7月22日(水) 『備え』

大雨から一夜明けて、今日は赤れんがは学生音楽コンクール予選の日です。
断水になるかもしれないとの情報にあわてて前日から、トイレ用にと2リットルのペットボトル20本、バケツなどに水をたっぷり、手洗いのかわりにウェットティッシュなどを用意して、待ち構えていたのですが…。
今のところ、断水になっていません。でも備えあれば憂いなし…ですね。


7月21日(火) 『大雨』


思いもよらぬ大雨の一日となりました。
山口県としては、かつてないほどの被害が出ているようです。赤れんがは幸いにも(?)休館日だったので利用者の方へのご迷惑等はありませんでした(ホッ)。
夕方、おそるおそる被害状況の視察に来てみると、あちらこちらに、少しづつ雨漏りが…。
そして、目の前の一の坂川は濁流となっていました。
(写真は一夜明けてなので少し治まっています。)



6月25日(木) 『ようやく…』

「白藤さえ子展」(8月5日〜12日)のチラシ・ポスターがようやく刷り上がりました。宣伝用にデザインされたものではなく、作家本人の絵画を使っているため、色調など微妙なところがなかなかうまく出ず、何度も色校正を経て仕上がりました。山口市出身の新進アーティスト白藤さえ子さんの『「逆鱗の提示」白藤さえ子展』、たくさんの方たちにみていただきたいと思っています。

白藤さん特設ページはこちらから→ 白藤さえ子展特設ページ



6月13日(土) 『赤れんがの外庭』


ほたる観賞ウィークも終わり、山口県もいよいよ梅雨入りとなりました。今日のように、今にも降り出しそうな曇り空の日は、草取りのチャンスです。時々は駐車場に変身する赤れんがの芝生は、雑草の方が勝っています。それでもなんとか芝生を元気にしたいと、毎日草取りに励んでいます。

いろいろな草が生えるのですが、一番しつこいのは父子草。春先に観ると一見芝かと思うくらい低く地を這うように芝にからんでいるので、とても抜きにくい草です。もうすぐ父の日というのにごめんね。

ちなみに庭石菖(にわぜきしょう)はかわいいので残すことにしています。


5月30日(土) 『ほたる祭り』

今日からいよいよ「ほたる観賞Week」(6月7日まで)の始まりです。今日は多目的広場とふるさと伝承センターでほたる祭りがおこなわれます。また、ここ赤れんが外庭では山口街商組合の露店もたくさん出て、この界隈はほたるもびっくり(?)の賑わいになります。

にぎやかにお祭りを楽しみたい方は今日、静かにほたるを鑑賞したい方は明日以降がお奨めです。なお、赤れんがの駐車場は利用できませんのでお近くの有料駐車場をご利用ください。

ゴミのお持ち帰り等、清掃のご協力もお願い致しますっ!



5月26日(火) 『避難訓練』


今日、赤れんがでは職員4人で消防訓練と避難訓練を行いました。まずは、消火器の使い方から。ひとりひとり「火事だ〜!」と叫びながら、火元(?)めざして消火。

次は、二階ホールの奥に設置した救助袋(スパイレル式)の、まずは取り出し方からしっかりと教わりました。そして、いよいよハラハラドキドキの救助袋を使って脱出の訓練です。おそるおそる紐につかまって、「エイヤッ!」と運を天に任せて落ちます。とてもスリリングな体験でした。

この訓練を実際使うことのないよう願って、今年も十分防火に努めたいと思う職員一同でした。






赤れんがで行ったこと、日常などを不定期で記していこうと思います。
2011年の日記はこちら→2011年 2010年の日記はこちら→2010年



















あかれんが日記
2009